オフィス選びについて気をつけた方がいい5つのこと

今回はみなさんにオフィス選びについて気をつけて頂きたいポイントを5つご紹介させて頂きたいと思います。
今後オフィスの移転を考えられている方、もしくは新しくオフィスを構えようと考えている方に是非とも見て頂きたい内容となっております。
情報社会と言われている現代では、インターネットを利用することにより、物件情報や契約内容など様々な情報を取得することができます。
しかし、一番大切なことはあなた自身の目できちんと確かめる必要があります。
内覧することを前提に下記のポイントを押さえていきましょう。

立地条件・最寄駅は近くにあるかどうか?

NewImage

オフィス選びにおいて外せない条件の1つに立地条件があります。
敢えて同業のいるエリアにオフィスを構えるのかどうか、そして従業員を多く雇っている企業の場合は、最寄り駅が近くにあるのかどうかも重要なポイントとなってきます。
オフィスを一度構えた以上、気に入らないから移転することは簡単ではありません。
始めにきちんと周辺の環境も調べておく必要があるでしょう。
このときに大切なのは、周辺に今後お客様となり得る可能性のある業種の会社があるのかどうかも見逃せません。
上記に挙げた最寄り駅ですが、よく物件情報などを見ると「徒歩〇分」という表記がされているかと思います。
これは、「1分=80m」と考えられています。
しかし、これも実際に自分の足で歩いてみないと分からないことがたくさんあり、人通りや信号機が多いなどの理由により、実際には表記の時間よりも長くかかってしまうということも十分考えられます。
まずは自分の足で確かめてみましょう。

契約内容を細部まで確認すること!

NewImage
オフィス選びにおいて外せない条件は、立地条件だけではありません。
コスト面も1つの大きなポイントです。
通常、賃貸オフィスの賃料は坪単価で表記されているケースがほとんどです。
この場合、賃貸オフィスの賃料は「坪単価×坪面積」で表すことができます。
コストは賃料だけではなく、共益費が毎月いくら発生するのか、また光熱費はいくらかかるのかなども計算しておく必要があるでしょう。
そして、契約内容にも目を配りましょう。
契約期間や更新料、オフィスビルの利用可能時間は何時から何時までなのかなど、後で知ったということがないように事前にチェックしておく必要があります。
営業職であれば、土日祝日などはオフィスビルに立ち入ることができるか否かも大切です。

オフィスの広さ・形状は最適かどうか?

NewImage

一般的にオフィスの広さの基準は、1人の従業員につき1~3坪を確保することが目安になっています。
AO機器の配置スペースや、人員を増やす予定があるのであれば、そのようなケースも想定した上での広いオフィスを選ぶことが必要になってくるでしょう。
また、オフィスの形状も家具をレイアウトするにあたり大切な部分です。
変則的な形のオフィスよりも、正方形や長方形のオフィスの方がレイアウトを組みやすく無難だと考えられます。
柱の位置も同様にレイアウトに大きく影響を与えるため確認が必要です。
また、天井は低すぎると圧迫感があり、OAフロアでないオフィスをOAフロアに変更する場合には、最低でも5cmは天井高が低くなります。
細かい話ですが、ゆとりのある空間は作業効率を高めます。

設備は整っているかどうか?

NewImage
どのような設備が整っているのかを確認することも怠らないようにしましょう。
電話回線の本数やエアコンの台数(空調関連)、トイレ(和式・洋式・シャワートイレ・男女別など)、エレベーターの台数、セキュリティなどは必ず確認する必要があります。
従業員が多ければ多いほど、抜かりなくチェックするのが無難です。
特に上記に挙げた空調関連ですが、大型のビルに多いセントラル空調の場合には、所定時間外は別料金が必要になるケースが多く電気料金も若干高めになる傾向にあります。
そして、セキュリティに関して機械警備は必需品と言えるでしょう。
機械警備とは、従業員不在時に不審者が侵入するとセンサーが作動し、警備会社へ自動連絡してくれるので、即座に警備員が駆け付けるという仕組みになっています。
このように設備が初めから整っているかどうかも、後々のコスト面に大きく影響を与えます。

管理・警備を確認すること!

NewImage

これは実際に内覧する際に確認して頂きたいことなのですが、そのオフィスビルの管理体制や警備システムなども確認する必要があります。
セキュリティ管理や防災管理はもちろんですが、清掃がきちんと行き届いているのかどうかもオフィスにとっては重要なポイントです。
ビル全体にきめ細やかな清掃が行き届いていれば、オフィスへの来客にも良い印象を与えるでしょう。
内覧時などにオフィス内はもちろんですが、ビルのエントランスを確認することで、上記のような管理が行き渡っているかどうかを確認することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です