パソコンによる目の疲れを最速で癒す方法5選

パソコンを長時間使用する皆さんにとっては、目の疲れは大敵ですね。

 

かといって、目の疲れを効果的に癒す方法は人それぞれで、うやむやになりがちなのです。

そこで、今回は目の疲れの原因と、パソコンによる目の疲れを最速で癒す方法 5つをご紹介します。

目の疲れの原因とは

パソコンを長時間見ることにより、目の筋肉の疲れが溜まることが原因で目の奥が重たくなったり、かすみなどの現象が起こります。筋肉の緊張や血流の悪化などが挙げられます。

目の疲れを最速で癒す方法5選

ホットタオル

自宅で簡単にできる目の疲れを癒す方法です。
これは、目の周りに走っている毛細血管や筋肉の緊張をほぐし、疲れをとるのに効果的な方法です。

NewImage

自宅にあるタオルでできますので、オススメです。
濡らしたタオルを絞り、レンジで10秒〜1分半温める
または、
温水で濡らしたタオルを使う

これらの簡単な方法で目の疲れを簡単に取ることができます。

ツボ押し

目の周りには、眼球疲労の疲れに効くツボがいくつか存在します。

絲竹空(しちくくう)

このしちくくうという部分は、最も眼精疲労に効く部分であると言われています。目に繋がっている筋肉の中で眼球運動に重要な役割を果たす部分とされているからです。

NewImage
(出典:健康マトリックスhttp://kenko.it-lab.com/tsubo.php/7/)

ツボ押しと聞くと、むやみに指でツボを圧迫するほど押す方がいますが、これでは逆効果です。筋肉や血液を圧迫すれば、脳に巡っている血流にも影響がでるからです。

ツボ押しのポイントとして、親指や人差し指の腹など、ツボ押しの力を上手に調整できる指の箇所で押すことです。
カフェや外出中でのパソコン作業で、ホットタオルなど持ち合わせていない場合はすぐにでもできるこのツボ押しで疲れをとってみてはいかがでしょうか。

眼球体操

今すぐに簡単にできる方法です。
1.目をぎゅっと3秒間瞑る
2.次左右、上下と順番に目を動かす

これを3セット繰り返すと、疲れが軽減されたのがわかるでしょう。疲れからくる筋肉の緊張を、目を瞑ったり動かしたりすることで筋肉を動かし、ほぐす働きがあります。

アプリでブルーライト軽減

パソコンのブルーライトに長時間当たり続けていると、目の疲れが増大します。とはいえ、スクリーンを見ることはフリーランスにとっては必須条件。そこで、ブルーライトを軽減できるアプリをご紹介します。

Twilight

App twilight
(出典:Google playよりhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.lux&hl=ja)

このアプリは、長時間パソコンやスマホを眺める方向けに開発されたアプリです。

1. 色温度の調整ができる 色温度とは、スクリーン画面の色のことを指します。普段見ているスクリーンの色は、少しブルーがかった画面ですが、薄いオレンジ色に変更することでブルーライトをカットできるのです。その色の具合の調節ができます。

2. 時間帯によって色温度の設定ができる 朝・昼・夕焼けの時間帯から、色温度の設定が可能です。朝は比較的薄めのオレンジ、夕方は目の疲れが顕著になるため朝よりも濃い目のオレンジに設定するなど、カスタム性が高いです。

ブルーベリーサプリを飲む

NewImage

ブルーベリーには、アントシアニンという成分が含まれています。この成分は、視神経の働きを促進する働き、目の疲れを癒す働きがあるのです。最近はブルーベリーサプリなど、眼球疲労専用のサプリメントが販売されているため、一度チェックして見ても良いでしょう。

まとめ

以上、長時間のパソコン使用による眼球疲労を癒す方法をご紹介しました。

ずっとパソコン画面を向かう時間が長いフリーランス。
疲れをとる方法を知って、効率よく働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です